観音崎自然博物館
観音崎自然博物館の概要

森と海とは別々の自然に見えますが、実は互いに密接に関係しあう一つの自然です。

観音崎自然博物館は県立観音崎公園の中にあり、照葉樹の豊かな森と東京湾唯一の岩礁海岸に囲まれ、多様性に富んだ森と海の自然を有しています。当館はこれらの豊かな森と海の自然を野外展示として位置づけ、エコミュージアムとして活動しています。

特に、当館では東京湾に流入する河川の源流部から黒潮の流入する東京湾口までの森と川と海の自然を、ひとまとまりの自然として「東京湾集水域」と位置づけ、東京湾集水域に焦点を当てた展示に力を入れています。

館内の展示物は東京湾集水域の“リアルな自然と生態”をテーマとして、観音崎にある海藻・コケ・シダ・季節の花々・草本・木本・磯の生物・昆虫・両生類・爬虫類などを、まさに生きている状態で展示しています。観覧者は、生物やその行動を見るだけでなく、鳴き声を聞いたり、香りを嗅いだり、触ったりと人間の感覚を全て使って“リアルな自然と生態”を体感できます。特にテラスのタッチプールでは生きたタコと握手したり、ウニ・ヒトデ・ナマコ・カニ・魚に触ることができます。さらに、トウキョウサンショウウオや淡水魚で生きた二枚貝に卵を産み込むタナゴ類の仲間で国指定の天然記念物であるミヤコタナゴなど絶滅寸前の動物も見ることができます。

春から夏にかけては,観音崎の豊かな海の生物を水中メガネで観察する「磯の生物観察会」等を行っています。夏の夜には幻想的な発光生物ウミホタルやクサフグの集団産卵の観察会も行っています。

また、スキバジンガサハムシやソナレマツムシソウなど動植物の人工増殖を行ったり、イソギクやハマナデシコなどの海岸植物を増殖し、公園内に植栽したりしています。

ぜひ、“リアルな自然と生態”を体感しに来て下さい。皆様のご来館を職員一同心よりお待ち致しております。